和装も洋装もOK!!桜で統一して印象深い演出で

エントランスから桜で統一

春の訪れとともに当たり前のように咲く桜の花は、日本の春にはなくてはならなう存在ですよね。エントランスから感謝の花束まで桜で統一する演出にして印象深い結婚式にしてもいいでしょう。挙式を終え、桜の木立をイメージした階段から登場するのもロマンチックですよ。桜は和装でも洋装でもよく合います。のびやかに生けた桜の足元にはスイートピーを飾れば、甘い香りが漂いますよ。ボール形のアレンジも並べて会場全体の統一感を出すといいでしょう。

桜色のボールで彩ろう

メインテーブルには階段にも使った真ん丸ボールをリズミカルに並べていきます。この桜ボールは日本の各地から集めたさまざまな桜で作るといいですよ。ゲストテーブルにも並べて珍しい桜の花をゲストにお花見してもらいましょう。メインテーブルの席の後ろには、大きな額をセッティングして、のびやかに桜の枝をあしらえば名画の完成ですよ。ゲストテーブルには紙で作った桜ボールつきの席札をおいて、お土産として持って帰ってもらうといいでしょう。小道具として透明の器に桜色のキャンドルを置けば一気に夜桜ムードになりますよ。

いつまでも覚えておくためにやさしい桜色で

挙式用のブーケは桜と同じようなやさしい色の花、ラスクバーを主役にしてフレッシュな門出を願う意味で緑色のつぼみもギュツと集めてラウンド形にしましょう。手元には愛がいっぱいのハートの葉とほんのり和の愛らしさがかおる、組みひもを添えるといいですよ。両親への花束は和紙で桜をつつみ、品の良さをだして、紫色のスイトピーを手元に添えれば、桜の渋くやさしい色を引き立てつつ、奥ゆかしい和の花をガラリとモダンに変えてくれるでしょう。

京都の結婚式場でお勧めは格式高い神社での結婚式がおすすめです。純和風の結婚式を挙げる事ができるからです。