結婚指輪にどれくらいの費用をかけてるの?

婚約・結婚指輪に一番費用をかける年代って?

婚約指輪の相場は年代ごとに異なっており、年代があがるにつれてアップするといわれています。20代は37万前後とされていますが、30代前半が48万、後半が37万となっていることから、30代前半が一番婚約・結婚指輪に費用をかける年代といわれていますが、個人差も少なくありません。

また、地域差によっても多少費用に差があるといわれており、首都圏であれば全ての年代をあわせて約40万円、全国的には35万円前後とされており、結婚指輪の平均値15万円と合わせると55万円となります。もちろんあくまでも平均値で、地域やカップルの価値観によって婚約、結婚指輪への価格は異なることは事実です。そのため、どれくらいの費用をかけるのかはライフスタイルや価値観、収入や地域差があるため、2人で話し合うといいでしょう。

2本で25万前後となるけれど

結婚指輪と婚約指輪を合わせた金額では55万前後とされていますが、必ずしも全ての人がその金額を出しているわけではありません。結婚指輪だけの相場であれば24万円前後とされているからです。ペアで25万円前後の指輪を買うことが、結婚指輪といえますが、指輪の種類によっては結婚・婚約指輪とをあわせたものをプレゼントするため、多少高値になることもあります。なお、24歳以下の場合には20万円未満のものをプレゼントすることも多く、費用に関しては大きな違いがあるでしょう。どんな指輪を選ぶのか、あらかじめ2人で話し合いお店で探すことが重要といわれています。

結婚指輪は婚約指輪と違って結婚後に毎日着用するものです。そのため、着け心地を最優先して商品を選ぶことがとても大事です。